ルックルックイヌリンプラスについて

ルックルックイヌリンプラスの副作用・アレルギー情報まとめ

ルックルックイヌリンプラスを実際に飲んでみようかな?と思ったとき、気になったのが副作用でした。

ルックルックイヌリンプラスの副作用とアレルギー

健康のためにイヌリンを飲むのに、逆に具合悪くなったら意味がありません。

 

そこで、ルックルックイヌリンプラスの副作用や、アレルギー、危険性について、詳しく調べた結果をシェアします。

 

ルックルックイヌリンプラスに副作用はあるのか?

まず押さえておきたいポイントは、ルックルックイヌリンプラス=お薬ではないということです。

 

副作用を簡単に言うと、「医薬品の使用において目的以外に出る効果」・・・という定義があります。ルックルックイヌリンプラスはそもそも薬ではないので、副作用自体は存在しないわけです。

 

しかし、お薬じゃないので副作用はなくても口にするものです。飲んで具合悪くならないかどうか?という点に突っ込んで確認してみましょう。

基本的な注意点が2つあり

【一度に飲みすぎないこと】
ルックルックイヌリンプラスに含まれるイヌリンは、食物繊維にあたります。基本的には便通を整えたりしてくれる作用がある食物繊維。

 

ですが、食物繊維を一度に沢山摂りすぎると・・・?はい、便通が良くなりすぎてお腹を下す可能性あり。

トイレ

もちろん量を摂りすぎなければ特に大丈夫なので、用法容量を守っていれば問題がない注意点ともいえます。

 

用法容量を守るのは、ルックルックイヌリンプラスだけではないですね。飲めば飲むほど効果的というわけではないので、飲みすぎないようにしましょう。

 

【アレルギーの確認】
ルックルックイヌリンプラスに副作用はなくても、アレルギーについては個人個人で有無があります。

 

口にするサプリなので、原材料に自分のアレルギーがないかを確認しておきましょう。

 

ルックルックイヌリンプラスの原材料

イヌリン、菊芋粉末、サラシアレティキュラータエキス粉末、桑の葉エキス、タマネギ濃縮エキス、発酵大豆粉抽出末、ビフィズス菌/結晶セルロース、微粒二酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、安定剤(グァーガム)

 

アレルギーについても、ルックルックイヌリンプラスに限った注意点ではないですね。

 

まとめ 飲みすぎとアレルギー

用法容量を守って飲むこと、自分のアレルギー成分がないかを確認。

 

基本的なことですが、この2つに気をつけておけば、ルックルックイヌリンプラスは安全性が高いサプリです。

 

もし、原材料に自分のアレルギー対象がある場合は、残念ながらルックルックイヌリンプラスは諦めた方が良いと言えますね。

 

 

原材料の内容に危険がないかチェックしてみる?

念のために原材料の内容もチェックしておきましょう。

イヌリン、菊芋粉末、サラシアレティキュラータエキス粉末、桑の葉エキス、タマネギ濃縮エキス、発酵大豆粉抽出末、ビフィズス菌

天然成分については、アレルギーと過剰摂取に気をつけると特に問題ないでしょう。では、残りの添加物は?

 

微結晶セルロース、微粒二酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、安定剤(グァーガム)

の部分ですね。サプリを形作るために使われています。

イヌリンプラスは安全

全て確認してみても、口に入れて問題がない安全なものが使用されています。具体的にチェックしてみると以下のようになります。

 

結晶セルロース
⇒サプリ以外にも、化粧品や食品などに幅広く使われていてよく見かけます。安全性が高い成分です。

 

微粒二酸化ケイ素
⇒こちらも食品やサプリなど、やはり幅広く使われていて安全性が高いです。

 

ステアリン酸カルシウム
⇒安全性も高く、体内でもほとんど吸収されない成分と考えられます。

 

安定剤(グァーガム)
⇒グァーガムは、天然成分由来の食物繊維です。ルックルックイヌリンプラスでは、安定剤として使われています。

 

まとめ ルックルックイヌリンプラスは安全性が高いサプリ

ルックルックイヌリンプラスには特別な食品添加物は使われておらず、私たちが食品、サプリ、化粧品などでよく目にするものばかりです。

 

安全性についても高いものばかり使われていることが確認できます。もちろん、イヌリンを始めとする健康をサポートする成分も安全性が高いです。